小笠原・父島

6日間

 
おがさわら丸

  日程

1日目船内泊

各地より東京港・竹芝客船ターミナルへ
受付 午前9:30-10:30迄
11時おがさわら丸出航です。~~長時間の船旅ですのでリラックスしてお過ごしください。
出航後2~3時間(東京湾内)はどんな海況でもまず揺れません。この時を利用してリラックスできる態勢を整えましょう。
夕・朝食は別途ご自由にお召し上がりください。船室からレストランへの導線はバリアフリーです。

朝食:--- 昼食:--- 夕食:---

2日目小笠原・父島泊

潮風にあたったり、綺麗な夕陽・満天の星空は眺められましたか?
>>>いよいよ小笠原・父島へ上陸。11時、二見港に到着。
荷物は宿へ別送し、港周辺でランチ
父島・島内観光(3時間)へ
●旭平展望台 ●国立天文台 ●境・扇浦 など
観光終了後、ホテルチェックイン。

朝食:--- 昼食:レストラン 夕食:ホテル

3日目小笠原・父島泊

9時頃ホテル出発
パノラマボートツアー(6時間)へ
●南島海域とイルカ・ザトウクジラウォッチング
●兄島海域 二見湾内の沈船・濱江丸や、世界最大級枝サンゴの群生
観光終了後、ホテルへ。

朝食:ホテル 昼食:弁当 夕食:ホテル

4日目小笠原・父島泊

9時頃ホテル出発
ネイチャーガイドウォーク(3時間)へ
●郷土資料館 ●ラドフォード提督学校碑 ●水産センター 観光終了後ホテルへ。
16時半頃出発、ウェザーステーション展望台で夕陽鑑賞
夕食はフリー。夜の飲食店巡りは島旅の醍醐味のひとつです。

朝食:ホテル 昼食:レストラン 夕食:---

5日目船内泊

とうとう最終日…
チェックアウトまで、お土産探しなどお買物もお楽しみください。
父島客船ターミナルへ
15時30分 おがさわら丸出航です。
~~小笠原名物 地元の人たちの盛大な見送り・ボートダイブ!
(見送りは有志が自発的に行っています)

朝食:ホテル 昼食:--- 夕食:---

6日目

>>>15時30分 竹芝客船ターミナル到着。
各地へ。おつかれさまでした!

記載スケジュールは現在の予定です。正式なスケジュールは確定書面(最終日程表)でお知らせします。
※気象、海況によりスケジュール内容が変更となる場合があります。

  コースのポイント

一度は行きたい!世界自然遺産の小笠原諸島。

小笠原・大村

ユネスコ世界自然遺産登録の小笠原諸島は、東京都特別区の30余の島々で、小笠原村に属す る父島(約2000人)と母島(約500人)のみに、人が住んでいます。
有史以来大陸と繋がったことがないこの島々は、奇跡の積み重ねで形成された世界自然遺産の豊かな森を育んでいます。

バリアフリー化が進みました!新「おがさわら丸」

おがさわら丸

小笠原には空港がなく、渡島のための交通手段は東京・竹芝桟橋から出航する定期船「おがさわら丸」のみ。
1997年から約19年間、東京と小笠原・父島間を結んできた二代目おがさわら丸が引退し、2016年7月からは三代目のおがさわら丸が運行しています。
新しいおがさわら丸は、高速化に加え、プライベート空間を重視。個室数が大幅に増えました。
また、バリアフリー化が進みました。乗船フロアから上層フロアへのエレベーター、車椅子用お手洗い(船内1箇所)を設置、乗船・下船時のタラップの段差をなくしました。

『ボニンブルー』の海

イルカ

小笠原特有の濃く深くどこまでも透き通ったような海の色を『ボニンブルー』と呼びます。
 「ボニン」は江戸時代の無人島(ぶにんしま、ぶにんじま)の呼び名に由来します(諸説有)。
 ボニンブルーはそこから派生した言葉で、碧く明るい透明な海の色のことです。

パノラマボートツアー

クジラ

ツアーでは、貸切のパノラマボートでボニンブルーの小笠原の海へ。
イルカが姿を見せてくれることもしばしば!運がよければ、ザトウクジラにも出会えるかもしれません。
その他、天然の水族館のような父島海域、二見湾の沈船「濱江丸」や世界最大級の枝サンゴの群生へご案内。

  現地情報

天候・服装
4月上旬の平均気温:最高21℃/最低16℃
晴天時は半袖シャツでOK。朝夕や悪天候に備え風を通さない上着は必要です。日焼け対策に、帽子、サングラス、日焼け止めもお忘れなく。
食事
ホテルでは季節の島の食材をふんだんに使ったオリジナルの島料理をお召し上がり頂きます。おいしいお酒が味わえる個性豊かな飲食店などは宿泊ホテルから徒歩圏内です。
携帯電話
【おがさわら丸】東京湾を出ると圏外となり、海上では携帯電話は使用できません。連絡は、船内備付の公衆電話をご利用下さい。船内でのWiFiの用意もありません。
【父島】集落内では使用できます。ご利用の携帯電話会社によって通信範囲が異なります。
特産品
各フルーツや、サトウキビを原料としたラム酒など。近海で採れる島塩はお土産に最適です。
小笠原父島大村海岸写真提供:小笠原村観光局

  出発日と旅行代金

出発日

2017年 4月8日(土)発~4月13日(木)着
 【申込一次締切日2月7日(火)】
※これ以降のお申込は、リクエスト受けとなります。船室、ホテルの空きを確認した後、ご回答いたします。

基本旅行代金 早割

手帳(1種)持参の方と付き添いの方
※各地より竹芝客船ターミナルまでの費用は含まれておりません。ご希望の方は別途手配致します。
 おがさわら丸船内の船室クラス  旅行代金
 1等船室/個室2名利用・1名様代金
◆◆基本代金◆◆
 278,000円
 特等船室/個室2名利用・1名様代金
◇◇リクエスト受け◇◇
 318,500円
 特1等船室/個室2名利用・1名様代金
◇◇リクエスト受け◇◇
 305,800円
 特2等寝台/10名部屋・1名様代金  251,500円
船室クラスは、特等>特1等>1等>特2等の順です。
※おがさわら丸特1等、特等船室、特2等寝台はをご希望の方はお申込の際にご希望をお伝え下さい。
◎一般の方用代金(手帳割以外)もございます。船室により別途算出しますのでお問い合わせください。

早割 60日前までのお申込で、国内ツアーは5,000円引き。(弊社が指定する期日までに正式なお申込のお手続きをお願い致します。)

  利用予定ホテル

船中泊

おがさわら丸船内トイレ おがさわら丸1等船室
おがさわら丸・1等船室(2名定員)

1等船室設備>シングルベッド2台、テレビ、湯沸しポット。
※シャワー、お手洗いは室内にはありません。共用のシャワー室、お手洗いをご利用下さい。

※特1等船室、特等船室はリクエスト受けにて承ります。
特1等船室設備>シングルベッド2台、ソファーベッド1台、ユニットバス、テレビ、冷蔵庫、湯沸しポット
特等船室設備>キングサイズベッド1台、ユニットバス、テレビ、冷蔵庫、湯沸しポット、専用ラウンジ、専用デッキ

小笠原・父島

パパスアイランドリゾートパパスアイランドリゾート
パパスアイランドリゾート

客室設備>バス・トイレ(全室ウォシュレット)、テレビ、冷蔵庫、エアコン、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、綿棒セット、髭剃り、湯沸しポット、ドライヤー、ハンガー
*部屋着はありませんのでご持参ください。

すべてバリアフリー対応となっている宿泊施設ではございません。
車椅子の方は、客室設備ご利用には付き添いの方の補助が必要です。
洗濯機有(コイン式)

  旅行条件

この旅行は募集型企画旅行の規定により、お申込手続き完了後の変更・キャンセルには所定の取消料が発生いたします。
お申込から出発までの流れや取消料の規定など、詳細につきまして別紙書面にてご確認下さい。
◆ツアー催行人数◆ 4名様より
原則2名様にてお申込ください。お1人でのご参加はお問い合わせください。別途追加代金が必要です。
◆車両◆小型専用車両(リフト無)利用
◆添乗員◆ 同行します(竹芝旅客ターミナルより竹芝旅客ターミナルまで)
◆基本旅行代金に含まれるもの◆
東京~父島間往復船舶運賃、現地宿泊、食事(スケジュールに記載)、専用車費用、記載の観光、添乗員経費
以下重要なご案内です
これらにも当てはまらないケースなどの場合その都度お知らせ及びご相談させて頂きます。
■行程・フライトスケジュールは現在の予定です。詳細はツアー決定後に確定致します。
■現地では予期せぬ公式行事やストライキ、他諸事情により訪問場所が閉鎖又は入場制限などでご覧頂けない場合がございます。又食事内容が変更になる場合もございます。予めご了承ください。
■観光地で多数の段差や安全確認ができない場合、車椅子のままではご見学できないこともございます。その場合には付き添いの方と徒歩観光可能な方のみの見学となります。もちろんできる限り皆様が観光・見学して頂けるように最善を尽くします。
■お1人で車椅子(又は同行の方複数で車椅子ご利用)、ゆっくり歩行の方>
◇車椅子ご利用の方は基本的な車椅子の自操ができること、ゆっくり歩行の方は単独で移動ができること、及びホテル客室内で身の回りのことをご自身でできる方はご参加頂けます。
路面状況の悪い道・段差・坂道や、バイキング料理(ホテル朝食など)の配膳は、同行する添乗員がお手伝い致しますが、継続してお引き受けはできませんので予めご留意下さい。
◇単独移動ができない方、身の回りのことをご自身でできない方は、付き添いの方と一緒にお申込み下さい。
◇お一人でご参加の場合には、1名1室利用追加代金が必要です(相部屋は承っておりません)。
◆◆◆お身体の状況により所定フォームによる医師の診断書の提出を航空会社から求められる場合もございます。 ※診断書作成にかかる費用はお客様のご負担となります。
■車椅子について
◇一般的な手動の車椅子又は簡易電動車椅子(ドライバッテリー)で折りたたみができるタイプのものでご参加下さい。
※折りたたみができないタイプの場合には、搭載可能かどうかか航空会社へ確認が必要です。
※電動車椅子でのご参加の場合、観光地、レストランでアクセスできない事も考えられます。その都度現地で代案などご提案させて頂くことになりますので予めご留意下さい。
※電動車椅子の場合、バッテリーの種類(ニッケル、リチウムなどの仕様。尚バッテリーの予備持ち込みには制限があります)をお知らせ下さい。弊社より航空会社へバッテリー搭載持ち込みの許可申請を行います。
■簡易電動車椅子レンタル詳細は、こちら