香港ディズニーランドを大人が楽しむ旅

4日間

 
香港夜景

  日程

1日目香港泊

午前、関西または中部または羽田空港より香港へ。
空港にて合流後、リフト付きバスにてレパルスベイとマーケット見学。
夕食後はビクトリアピークから香港市内の夜景観賞にご案内します。

朝食:--- 昼食:機内 夕食:○

2日目香港泊

香港公園、コンベンションセンター、黄大仙、SKY100展望台から市内展望にご案内します。
夕食後は、シンフォニーオブライツのショーへご案内します。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

3日目香港泊

香港ディズニーランドへご案内
日本のディスにーランドより新しい施設で、車いすご利用の方が乗れるアトラクションも多く、ミッキーマウスとの写真撮影も混雑しないと人気です。
夕食後にホテルへ。

朝食:○ 昼食:--- 夕食:○

4日目

午前中はハーバーサイド散策、香港市民の足・スターフェリーの体験乗船をどうぞ。
昼食後に空港へ。
関西または中部または羽田空港へ。
~お疲れ様でした~

朝食:○ 昼食:--- 夕食:---

※記載フライトスケジュールは変更になることもございます。確定書面(最終日程表)でお知らせします。

  コースのポイント

レパルスベイ

レパルスベイ

映画『慕情』で有名になったビーチリゾート。殖民地時代の色が強く残っています。三日月の形をした美しい砂浜は、香港の人にも、観光客にも人気のリゾートです。

スカイ100展望台

香港で最も高い118階建てのビルICC(インターナショナルコマースセンター)の100階にある展望台。ヴィクトリアハーバーを360度見渡せます。

香港ディズニーランド

香港ディズニーランド

日本のディズニーランドは、いつも混雑していて行く気にならない皆さまも、香港にあるディズニーランドなら思いっきりお楽しみいただけます。

  現地情報

天候・気温
<9月最高/最低気温>
香港30℃/26℃
暑さも和らいでくる季節です。それでも、暑さ対策はしっかりと。帽子やサングラス、日焼け止めをお忘れなく。
屋内は冷房がよく効いています。上着を1枚お持ち下さい。
時差
1時間です。日本の方が、1時間進んでいます。
通貨
香港ドル(HK$)1HK$=約16.71円。
電圧・プラグ
電圧は220Vで周波数50Hz。日本国内用の電化製品はそのままでは使えないので、変圧器が必要です。
香港では、プラグは現在BFタイプ(角3ピンのイギリスタイプ)。
香港バス

  出発日と旅行代金

出発日

2017年 11月1日(水)発~11月4日(土)着

基本旅行代金 

208,000円
(中部・関空・羽田同額/ツイン利用お1人様の場合)
 
○1人部屋追加代金:30,000円
◆国内現地空港諸税:約7,000円(2017年6月現在)
◆燃油サーチャージ:旅行代金に含まれています。

  利用予定ホテル

※ホテルは同等クラスに変更になる場合があります。
※同じカテゴリーの客室でも眺望、仕様や雰囲気は異なります。なるべく皆様同じタイプの客室を手配いたしますが、予めご承知おきください。
※バリアフリールームはリクエストにて承ります。

香港

ノラマホテル バイ ロンバス(隆堡麗景酒店)
九龍半島の尖沙咀に位置する高層ホテル。MTRの駅の目の前、セキュリティもしっかりしたホテルです。

  旅行条件

この旅行は募集型企画旅行の規定により、お申込手続き完了後の変更・キャンセルには所定の取消料が発生いたします。
お申込から出発までの流れや取消料の規定など、詳細につきまして別紙書面にてご確認下さい。
◆ツアー催行人数◆10名様より
◆リフト車両利用/車いす固定は最大4台まで
◆利用予定航空会社◆全日空又はキャセイパシフィック航空
◆添乗員◆ 同行します(中部より予定)
◆基本旅行代金に含まれるもの◆
エコノミー航空券、現地宿泊、食事(スケジュールに記載)、車両、ガイド・ドライバー経費(チップ込)、記載の観光、添乗員経費、現地日本語緊急連絡対応
以下重要なご案内です
これらにも当てはまらないケースなどの場合その都度お知らせ及びご相談させて頂きます。
■行程・フライトスケジュールは現在の予定です。詳細はツアー決定後に確定致します。
■現地では予期せぬ公式行事やストライキ、他諸事情により訪問場所が閉鎖又は入場制限などでご覧頂けない場合がございます。又食事内容が変更になる場合もございます。予めご了承ください。
■観光地で多数の段差や安全確認ができない場合、車椅子のままではご見学できないこともございます。その場合には付き添いの方と徒歩観光可能な方のみの見学となります。もちろんできる限り皆様が観光・見学して頂けるように最善を尽くします。
■お1人で車椅子(又は同行の方複数で車椅子ご利用)、ゆっくり歩行の方>
◇車椅子ご利用の方は基本的な車椅子の自操ができること、ゆっくり歩行の方は単独で移動ができること、及びホテル客室内で身の回りのことをご自身でできる方はご参加頂けます。
路面状況の悪い道・段差・坂道や、バイキング料理(ホテル朝食など)の配膳は、同行する添乗員がお手伝い致しますが、継続してお引き受けはできませんので予めご留意下さい。
◇単独移動ができない方、身の回りのことをご自身でできない方は、付き添いの方と一緒にお申込み下さい。
◇お一人でご参加の場合には、1名1室利用追加代金が必要です(相部屋は承っておりません)。
◆◆◆お身体の状況により所定フォームによる医師の診断書の提出を航空会社から求められる場合もございます。 ※診断書作成にかかる費用はお客様のご負担となります。
■車椅子について
◇一般的な手動の車椅子又は簡易電動車椅子(ドライバッテリー)で折りたたみができるタイプのものでご参加下さい。
※折りたたみができないタイプの場合には、搭載可能かどうかか航空会社へ確認が必要です。
※電動車椅子でのご参加の場合、観光地、レストランでアクセスできない事も考えられます。その都度現地で代案などご提案させて頂くことになりますので予めご留意下さい。
※電動車椅子の場合、バッテリーの種類(ニッケル、リチウムなどの仕様。尚バッテリーの予備持ち込みには制限があります)をお知らせ下さい。弊社より航空会社へバッテリー搭載持ち込みの許可申請を行います。
■簡易電動車椅子レンタル詳細は、こちら