赤毛のアンをめぐる旅 プリンスエドワード島

8日間

 
コーブヘッド灯台

  日程

1日目ハリファックス泊

各地より成田へ、合流。
成田より直行便でモントリオールへ(所要約12時間)
---日付変更線通過---
モントリオール到着、入国審査&乗換え、空路はハリファックスへ(所要約1時間30分)
ハリファックス到着。専用車でホテルへ。お疲れさまでした。

朝食:― 昼食:― 夕食:―

2日目ハリファックス泊

ライトハウスと世界遺産ルーネンバーグ観光へ
●造船の街、カラフルな街並みが印象的なルーネンバーグ ●3つの教会、クラフトと骨董の街マホーンベイ ●灯台郵便局として使われていたペギーズコープ灯台へ
観光終了後、ホテルへ戻ります。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

3日目キャベンディッシュ泊

ホテルチェックアウト。
ハリファックス市内をご案内後、フェリーでプリンスエドワード島へ(乗船約75分)。アンが船で渡ったように…。
下船後、宿泊のキャベンディッシュへ。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

4日目キャベンディッシュ泊

キャベンディッシュ観光
アンが暮らしていた緑の切妻屋根のグリーンゲイブルスへ
●グリーンゲイブルス博物館 物語にも登場する「輝く湖水」、「恋人の小径」、「お化けの森」 ●赤毛のアンの作者・モンゴメリの生家へ
●プリンスエドワード島国立公園やグリーンゲイブルス郵便局など、物語にゆかりのある場所へご案内します。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

5日目シャーロットタウン泊

ホテルチェックアウト。
北海岸観光
●島特産のベリーを使ったジャムの工場へ。
●映画や海外テレビのロケ地に使われている北海岸の美しい風景、セントローレンス湾を望む保養地ダルベイ・バイ・ザ・シーや、コーブヘッド灯台ではとっておきの写真を撮影しましょう。
シャーロットタウン観光
●ビクトリアピーク ●プロビンスハウス ●コンフェデレーションセンター
観光終了後、ホテルへ。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

6日目シャーロットタウン泊

郊外観光
●島で一番古い灯台のポイントプリム灯台
●スコットランドとアイルランドからの移住者によってつくられた歴史村オーウェルコーナー
オプショナル/「赤毛のアンミュージカル」(おひとり7,500円)
可愛らしいアンの世界へ。もちろん車椅子でも鑑賞可能です!

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

7日目機内泊

早朝ホテルチェックアウト、専用車で空港へ。
空路モントリオールへ。モントリオール発、帰路成田へ。

朝食:○ 昼食:― 夕食:―

8日目

午後:成田空港着。
乗り換え、各地へ。

朝食:― 昼食:― 夕食:―

記載フライトスケジュールは確定書面(最終日程表)でお知らせします。

  フライトスケジュール ~エアカナダ(AC)予定~

往路
中部14:35 ✈ 成田15:50
伊丹14:10 ✈ 成田15:30
乗継>
成田17:30 ✈ モントリオール16:30
乗継>>
モントリオール18:00 ✈ ハリファックス20:31

復路
ハリファックス11:10 ✈ モントリオール11:50
乗継>
モントリオール14:05 ✈ 成田15:50(翌日)
乗継>>
成田18:25 ✈ 中部19:40
成田18:25 ✈ 伊丹19:45

  コースのポイント

赤毛のアンの世界

赤毛のアンイメージ

プリンスエドワード島は有名な赤毛のアンの舞台となった島。
「プリンスエドワード島は世界じゅうでいちばんきれいなところだって、いつも聞いていましたから、自分がそこに住んでいるところをよく想像していましたけれど、まさかほんとにそうなるなんて夢にも思わなかったわ。想像していたことがほんとうになるって、うれしいことじゃない?」―赤毛のアン第二章より

2連泊×3都市でゆったり

ルーネンバーグ

ハリファックス、キャンベディッシュ、シャーロットタウンにそれぞれ2連泊。
ハリファックスからは、街全体が世界遺産に登録されている漁村の村ルーネンバーグへ。色鮮やかな木造家屋は、絵から抜け出たような美しさを250年以上保っています。

キャンベディッシュ

グリーン・ゲイブルズ・ハウス

「赤毛のアン」観光の中心となるのは、キャンベディッシュ。
物語の中では、「アヴォンリー村」として描かれているキャンベディッシュは、作者モンゴメリが育った村でもあります。
「お化けの森」「恋人の小路」など、物語に登場する舞台が残されています。

シャーロットタウン

シャーロットタウンの州議事堂

プリンスエドワードアイランド州の州都シャーロットタウン。
1864年、カナダ建国の礎となった会議がシャーロットタウンの州議事堂で行われたことから、「カナダ発祥の地」として今も親しまれています。

  現地情報

パスポートの残存期間
滞在日数+1日以上の旅券残存が必要です。
電子渡航認証 eTA 申請(7C$)が必要です。
インターネットで、お客様ご自身でも取得いただけます。 弊社で代行申請・取得する場合は、実費7C$と手数料2,160円が必要です。
天候・気温
ハリファックス(7月):平均最高気温23℃/平均最低気温14℃
シャーロットタウン(7月):平均最高気温23℃/平均最低気温14℃
日中は薄手のシャツや半袖でお過ごし頂けます。日よけジャケットやカーディガン程度の上着も必ずご用意ください。
時差
日本より12時間遅れです。(サマータイム中)
通貨
カナダドル C$(CAD)
1カナダドル=約90円。
電圧・プラグ
電圧は110V。プラグタイプはA型で、日本のものとほぼ同じ
コーブヘッド灯台

  出発日と旅行代金

出発日

2018年 7月9日(月)発~7月16日(月)着

基本旅行代金

598,000円
(成田発着/2名様1室利用1人様代金)

※原則2名様でお申込ください。お1人でご参加の場合の一人部屋追加代金:79,000円
○国内線追加代金:片道/9,000円追加(関空/中部、その他各地よりご希望の方はお問い合わせください)
※別途 燃油サーチャージ・空港諸税 が必要です。
◆現地空港税:4,940円(2018年3月22日現在。今後増減の可能性があります。)
◆国内空港税:成田2,610円

◆燃油サーチャージ:21,000円(2018年3月22日現在。今後増減の可能性があります。)
◆ビジネスクラス追加代金:お問合せ下さい。

  利用予定ホテル

※バリアフリールームはリクエストにて承ります。(ホテルによってはバリアフリールームの無いこともあります)

※ホテルは同等クラスに変更になることもございます。

ハリファックス

アトランティカホテル

キャベンディッシュ

キンドレッド・スピリッツ・カントリーイン

シャーロットタウン

ロッドシャーロットタウン

  旅行条件

この旅行は募集型企画旅行の規定により、お申込手続き完了後の変更・キャンセルには所定の取消料が発生いたします。
お申込から出発までの流れや取消料の規定など、詳細につきまして別紙書面にてご確認下さい。
◆ツアー催行人数◆8名様より
◆利用予定航空会社◆エアカナダ、ANA、JAL
◆添乗員◆ 同行します(中部より予定)
◆食事◆朝6回・昼5回・夕5回(機内食は含みません)
◆基本旅行代金に含まれるもの◆
エコノミー往復航空運賃、ホテル泊、リフト車両、記載の食事・観光費用、ポーター代、添乗員・ガイド費用
◎記載の無い食事、観光費用、個人的利用費用はご旅行代金に含まれません。
以下重要なご案内です
これらにも当てはまらないケースなどの場合その都度お知らせ及びご相談させて頂きます。
■行程・フライトスケジュールは現在の予定です。詳細はツアー決定後に確定致します。
■現地では予期せぬ公式行事やストライキ、他諸事情により訪問場所が閉鎖又は入場制限などでご覧頂けない場合がございます。又食事内容が変更になる場合もございます。予めご了承ください。
■観光地で多数の段差や安全確認ができない場合、車椅子のままではご見学できないこともございます。その場合には付き添いの方と徒歩観光可能な方のみの見学となります。もちろんできる限り皆様が観光・見学して頂けるように最善を尽くします。
■お1人で車椅子(又は同行の方複数で車椅子ご利用)、ゆっくり歩行の方>
◇車椅子ご利用の方は基本的な車椅子の自操ができること、ゆっくり歩行の方は単独で移動ができること、及びホテル客室内で身の回りのことをご自身でできる方はご参加頂けます。
路面状況の悪い道・段差・坂道や、バイキング料理(ホテル朝食など)の配膳は、同行する添乗員がお手伝い致しますが、継続してお引き受けはできませんので予めご留意下さい。
◇単独移動ができない方、身の回りのことをご自身でできない方は、付き添いの方と一緒にお申込み下さい。
◇お一人でご参加の場合には、1名1室利用追加代金が必要です(相部屋は承っておりません)。
◆◆◆お身体の状況により所定フォームによる医師の診断書の提出を航空会社から求められる場合もございます。 ※診断書作成にかかる費用はお客様のご負担となります。
■車椅子について
◇一般的な手動の車椅子又は簡易電動車椅子(ドライバッテリー)で折りたたみができるタイプのものでご参加下さい。
※折りたたみができないタイプの場合には、搭載可能かどうかか航空会社へ確認が必要です。
※電動車椅子でのご参加の場合、観光地、レストランでアクセスできない事も考えられます。その都度現地で代案などご提案させて頂くことになりますので予めご留意下さい。
※電動車椅子の場合、バッテリーの種類(ニッケル、リチウムなどの仕様。尚バッテリーの予備持ち込みには制限があります)をお知らせ下さい。弊社より航空会社へバッテリー搭載持ち込みの許可申請を行います。
■簡易電動車椅子レンタル詳細は、こちら