サファリカーでめぐる、野生の王国・ケニア大自然の旅

10日間

 
キリマンジャロ

  日程

1日目機内泊

成田よりカタール航空にてドーハへ。(所要約11時間5分)
ドーハにて乗継、ナイロビへ (所要約5時間55分)

朝食:― 昼食:― 夕食:―

2日目ナイロビ泊

ケニア首都ナイロビ到着、ホテルへご案内致します。長時間飛行でお疲れのことでしょう。ゆっくりとご休息ください。
夕食はホテル内レストランにてご用意いたします。お好きな時間にレストランにお越しください。夕食後ごゆっくりとお過ごしください。

朝食:― 昼食:― 夕食:○

3日目アンボセリ泊

ホテルにて朝食後、専用サファリカーにて出発。
トイレ休憩を取りながら、アンボセリ国立公園へ向います(約4時間)。
アンボセリはアフリカ最高峰・キリマンジャロ(5,894m)の山麓にあり、同峰の素晴らしい展望地としても知られています。
到着後、ホテルにて昼食休憩。
夕方4時頃よりサファリツアーにご案内します。晴れた日には最高のキリマンジャロがご覧いただけるでしょう。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

4日目アンボセリ泊

朝食前に、早朝6時頃よりサファリツアーへ。
ホテルに戻り、朝食後は夕方まで自由時間。ゆっくりとお過ごしください。
ご希望の方はマサイ族の村にご案内致します(入村料30ドル)。
夕方4時頃よりサファリツアーにご案内します。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

5日目ナクル湖泊

ホテルにて朝食後、専用サファリカーにて出発。
ナクル湖国立公園へ向います。途中、お昼と休憩の後、高速道路を北へ。
ナクル湖はフラミンゴの一大生息地として知られる、多種の水鳥の宝庫です。
フラミンゴの姿も見える、ナクル湖を臨むホテルにご案内します。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

6日目マサイマラ泊

9時頃、ナクル湖にてサファリ。絶滅危惧種のシロサイ、クロサイの他、キリンの亜種のロスチャイルド・キリンなどが生息しています。
マサイマラ到着ご、遅めの昼食です。
マサイマラ国立保護区は隣国のタンザニアのセレンゲティ国立公園と続いていますが、動物は国境に関係なく自由に行き来しています。運がよければヒョウにも出会えるでしょう。
時々カバを観察できる、タレック川沿いに建つホテルへ。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

7日目マサイマラ泊

朝食前に、早朝6時半頃よりサファリツアーへ。
広大な土地を有するマサイマラ国立保護区は動物達も思い思いの場所で過ごしています。サファリ カーのドライバーは抜群の視力で動物達を見つけて案内してくれます。
夕方4時頃よりサファリツアーにご案内します。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

8日目ナイロビ泊

朝食前に、早朝サファリツアーへ。
ナイロビに戻る途中、地球の裂け目とも思えるグレート・リフトバレー(アフリカ大地溝帯)のビューポイントも通過します。総延長は7000kmにものぼる壮大なスケールです。
途中ナロクのレストランで昼食を済ませて、ホテルにチェックイン。

朝食:○ 昼食:○ 夕食:○

9日目機中泊

ホテルにて朝食後、キリンの保護施設、ジラフセンターへご案内します。
お土産を求めて、ショッピングセンターへご案内。昼食もこちらでお済ませください。
昼食後、空港へ。カタール航空にてドーハ経由日本へ向かいます。

朝食:○ 昼食:― 夕食:―

10日目

成田空港到着。
お疲れ様でした。ご自宅までお気をつけてお帰り下さい。

※航空機の運航及び気象状況その他事情により発着時刻や行程が変更される場合がございます。
★動物は自然のままの状態ですので、動物園のように必ず目の前でご覧いただける保証はございません。

  フライトスケジュール ~カタール航空(QR)予定~

最終的なフライトスケジュールは確定書面(最終日程表)でお知らせします。
往路
成田発22:20→ドーハ着03:25(翌日)
乗継≫ドーハ発08:15→ナイロビ着14:10
復路
ナイロビ発17:20→ドーハ着23:35
乗継≫ドーハ発02:20→18:40成田着

  コースのポイント

憧れのアフリカ・サバンナへ

キリン

世界中でアフリカでしか見られない光景があります。
映像でしか見たことのないライオンやチータやキリンやシマウマ…。
本物の野生動物が草を食み、水を飲み、毛づくろいし、子育てをし、昼寝し、狩りをしています。老若男女を問わず誰もが、思わず息を呑み興奮し感動してしまうのは何故でしょう?!
美しい風景と同様、野生動物の生きる姿もまた素晴らしい「自然」。
アフリカ最高峰キリマンジャロや水鳥であふれる湖をバックに、雄大なサバンナで暮らす美しい動物達に出会う旅です。

たっぷり、サファリ

マサイマラ・サファリ

早朝と夕方、動物達の行動が活発になる頃を選んで、1日2回のツアーを楽しみます。
見たい動物をリクエストすれば、ベテランドライバーが抜群の視力とカンで探してくれるでしょう。肉食動物のハンティング(狩り)の場面に遭遇したらラッキーです。

ゆったり、スロー

ライオンもお休みしますよ!

無理なくお楽しみ頂くために、移動の前後は必ず休むのが基本です。
《ゆったりのポイント》
●長距離飛行のため、休憩を入れながら長旅にのぞみます。
●ナイロビ到着・出発の際はホテルでたっぷり時間をとります。
●サファリツアーの合間は休憩。ホテル敷地内でゆったりお過ごし頂きます。

アフリカ最高峰キリマンジャロを臨む

アンボセリ国立公園

アンボセリ国立公園はアフリカ最高峰・キリマンジャロ(5,894m)の山麓にあり、同峰の素晴らしい展望地としても知られるリゾート地です。

湖がピンクに染まる!?

ナクル湖

フラミンゴの大群生地ナクル湖国立公園。ペリカンなど多種の水鳥の宝庫。野生動物も豊富で、ヒョウも生息しています。

  現地情報

パスポートの残存期間
ケニア入国にはビザ(査証)が必要です。
パスポート(原本)と写真をお預かりし、当社にて代行手配致します。
ケニア査証取得実費+手数料:10,680円
残存6ヶ月以上のパスポート、写真1枚(4.5x3.5cm)をご用意下さい。 催行決定後、詳細をご案内致します。
予防接種
予防接種が推奨されています。(必須ではありません)
催行決定後、詳しい案内をお送りいたします。
天候・気温
サバンナでは標高1,000mの高原地帯に滞在します。日中は長袖のシャツ等を基本として、フリースや軽いセーター等をお持ち頂くとよいでしょう。朝晩は少し冷えます。乾燥しているため、埃から目や喉を保護する工夫があると快適でしょう。
時差
日本とエジプトとの時差は、7時間です。日本の方が、7時間進んでいます。
通貨
現地通貨はケニア・シリングですが、アメリカドルが使えます。日本で予めアメリカドルに両替して持っていかれるのがよいでしょう。現地にてアメリカドルからケニア・シリングへの両替は容易です。
電圧・プラグ
電圧は220~240Vで周波数は交流50Hz
プラグはB3、BF、Cタイプ
その他アフリカ情報
●航空機にて到着し、空港内のエレベーターを使用せずに1階に下りる場合は、現地空港スタッフが車椅子ごとお抱えする場合がございます。
●サバンナやサファリ中の治安は心配ありません。但し、ナイロビ市内の人ごみではスリ等に充分にご注意ください。
●ケニアはアフリカで最も衛生的な国の一つです。但し、生水は飲めませんので現地にてミネラルウォーターを毎日提供させて頂きます(毎日お1人1リットル程度)。
チーター

  出発日と旅行代金

出発日

2018年 7月24日(火)発~8月2日(木)着

基本旅行代金

698,000円 
(成田発着/2名様1室利用1人様代金)


≪旅行代金とは別に必要な料金≫
◆現地空港税:7,530円(2018年4月19日現在、変動します)
◆各地空港税:成田2,610円
◆燃油サーチャージ:旅行代金に含まれています。
◆ケニア査証取得実費+手数料:10,680円

≪ご希望に応じて必要な料金≫
○ビジネスクラス追加代金:380,000円(空席状況により値上がりすることがあります。)
○お1人部屋追加代金:98,000円
○成田空港までの交通機関は、別途料金にて手配致します。
国内線(伊丹/関西、中部空港):10,000円(片道)
※その他空港はお問合せ下さい。
※お申込時にご希望をお伝え下さい。

  利用予定ホテル

※バリアフリールームはリクエストにて承ります。(ホテルによってはバリアフリールームの無いこともあります)

【ナイロビ】

インターコンチネンタル 又は同等ホテル 

【アンボセリ】

オルトカイロッジ 又は同等ホテル

【ナクル湖】

レイク ナクル ロッジ 又は同等ホテル

【マサイマラ】

マラ・シンバロッジ 又は同等ホテル

  旅行条件

この旅行は募集型企画旅行の規定により、お申込手続き完了後の変更・キャンセルには所定の取消料が発生いたします。
お申込から出発までの流れや取消料の規定など、詳細につきまして別紙書面にてご確認下さい。
◆ツアー催行人数◆6名様より
◆利用予定航空会社◆ カタール航空・タイ航空・ケニア航空、エミレーツ航空
◆添乗員◆ 同行します(関空より予定)
◆食事◆朝7回・昼6回・夕7回(機内食は含みません)
◆基本旅行代金に含まれるもの◆
航空運賃(エコノミークラス)、航空保険料及びケニア航空燃油特別付加運賃、ホテル宿泊費(2名1室)、現地車両、現地空港税・出入国税、日程に表示した観光・食事、現地ガイド及び団体行動中のチップ、添乗員費用
◎記載の無い食事、観光費用、個人的利用費用はご旅行代金に含まれません。
以下重要なご案内です
これらにも当てはまらないケースなどの場合その都度お知らせ及びご相談させて頂きます。
■行程・フライトスケジュールは現在の予定です。詳細はツアー決定後に確定致します。
■現地では予期せぬ公式行事やストライキ、他諸事情により訪問場所が閉鎖又は入場制限などでご覧頂けない場合がございます。又食事内容が変更になる場合もございます。予めご了承ください。
■観光地で多数の段差や安全確認ができない場合、車椅子のままではご見学できないこともございます。その場合には付き添いの方と徒歩観光可能な方のみの見学となります。もちろんできる限り皆様が観光・見学して頂けるように最善を尽くします。
■お1人で車椅子(又は同行の方複数で車椅子ご利用)、ゆっくり歩行の方>
◇車椅子ご利用の方は基本的な車椅子の自操ができること、ゆっくり歩行の方は単独で移動ができること、及びホテル客室内で身の回りのことをご自身でできる方はご参加頂けます。
路面状況の悪い道・段差・坂道や、バイキング料理(ホテル朝食など)の配膳は、同行する添乗員がお手伝い致しますが、継続してお引き受けはできませんので予めご留意下さい。
◇単独移動ができない方、身の回りのことをご自身でできない方は、付き添いの方と一緒にお申込み下さい。
◇お一人でご参加の場合には、1名1室利用追加代金が必要です(相部屋は承っておりません)。
◆◆◆お身体の状況により所定フォームによる医師の診断書の提出を航空会社から求められる場合もございます。 ※診断書作成にかかる費用はお客様のご負担となります。
■車椅子について
◇一般的な手動の車椅子又は簡易電動車椅子(ドライバッテリー)で折りたたみができるタイプのものでご参加下さい。
※折りたたみができないタイプの場合には、搭載可能かどうかか航空会社へ確認が必要です。
※電動車椅子でのご参加の場合、観光地、レストランでアクセスできない事も考えられます。その都度現地で代案などご提案させて頂くことになりますので予めご留意下さい。
※電動車椅子の場合、バッテリーの種類(ニッケル、リチウムなどの仕様。尚バッテリーの予備持ち込みには制限があります)をお知らせ下さい。弊社より航空会社へバッテリー搭載持ち込みの許可申請を行います。
■簡易電動車椅子レンタル詳細は、こちら